×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

宅ふぁいる便より大きい100mb送受信サービス情報!

宅ふぁいる便より大きい100mb送受信サービス

カテゴリー :宅ふぁいる便 100mb

宅ふぁいる便に対抗したサービスが最近増えてきました。
100mbまでの大容量を送受信できる「ビッグメール」という新しいサービスもついに登場しましたね。

50mbよりも100mb、100mbよりも200mbなんて時代がくるのでしょうか?

私も宅ふぁいる便を使いますが、100mbどころか、50mbもあればファイルの容量としては十分です。
ただ、何度か困ったのはパワーポイントで作った資料でしたね。
分割して送りましたが、100mb送れるビッグメールなら1回で済んだはずです。

宅ふぁいる便の良いところは、大容量ファイルを受け渡しできるという点は当然として、やはり安定性や信頼性という部分もあります。
ただ単に100mb送ることができるということだけでなく、いつも安定して使えるとか、ファイルに対するセキュリティがしっかりしていると言う点が重要です。

宅ふぁいる便=大阪ガス関連会社という安定した基盤は、無料会員がドンドン増えてきてもあまり心配をすることがないと思います。
逆に、単にファイル容量だけを売り物にした場合は、会員が急増した時にシステムがついていけるかという不安もあります。

ビッグメールのように、宅ふぁいる便を研究した新しいサービスが成功するといいですね。

コラム > 宅ふぁいる便より大きい100mb送受信サービスについて書かれています。

宅ふぁいる便のようにファイルを送る(100mbの例)

カテゴリー :宅ふぁいる便 100mb

宅ふぁいる便のようなファイル送信サービスは、ヤフーやグーグルで検索するとたくさん出てきます。

いくつかタイプを分類すると、

1)宅ふぁいる便やビッグメールのように無料で利用可能

2)オフィス宅ふぁいる便や、コクヨの@Tovasのような、企業向け販売システム

3)大学や企業内での独自のファイル送信システム

などがあります。

宅ふぁいる便のような無料で送受信ができるサービスは、50mbや100mb、そして中には250mbという大容量のファイルを無料で送信してくれます。

オフィス宅ふぁいる便などの企業向けシステムは、主に社内間での利用ですが、ファイルの容量はカスタマイズできるものも多く、100mbとか200mbなど管理者側で決めることができます。

また、大学の中には学内のネットワークのみでファイルをやりとりできる仕組みを使っているところもあります。
この場合はシステムを購入しているところもありますが、大学独自で開発し、実験的に使っているところもあるようです。
金沢大学を例に取ると、こちらのファイル送信システムは、宅ふぁいる便よりも大きい100mbのファイルを送信できます。

コラム > 宅ふぁいる便のようにファイルを送る(100mbの例)について書かれています。

宅ふぁいる便やファイルポストで受信する

カテゴリー :宅ふぁいる便 受信

宅ふぁいる便のような大容量ファイル無料送受信サービスは増えてきていますが、宅ふぁいる便よりも容量の多いサービスをまた見つけました。

そのサービスの名は「ファイルポスト」です。

ファイルポストは、宅ふぁいる便など他のサービスとの差別化をするために、登録をする必要がありません。

また、宅ふぁいる便は容量の上限が50mbですが、ファイルポストはなんと250mbまでのファイルが送受信可能です。

ファイルポストでのファイル送信や受信の仕方は、他のサービスとほとんど同じで、送信者から受信者へのメール通知もできます。

ファイルポストの問題点としては、宅ふぁいる便に比べると送信者の登録がいらない分、誰が利用しているかの管理ができにくいので、ファイル受信者が注意してファイルを開く必要があります。
知らない相手からのファイルには十分に気をつけなければいけませんね。

また、新しいサービスなので、システムがどこまで安定しているかもポイントです。利用者が増えれば増えるほどシステムを増強して設備投資が必要なので、ファイルポストの資金力も気になりますね。

コラム > 宅ふぁいる便やファイルポストで受信するについて書かれています。